東洋医学×ピラティスで秋の養生

query_builder 2023/09/04 ピラティス 姿勢 腰痛 肩こり ストレッチ 健康 トレーニング
今回は、東洋医学とピラティスの組み合わせについてお話ししていきたいと思います。ピラティスは、身体の養生に効果的なエクササイズ方法の一つです。東洋医学とピラティスを組み合わせることで、さらなる効果を得ることができます。この記事では、秋におすすめのピラティスエクササイズや東洋医学の視点から見たポイントについてお伝えします。心身のバランスを整えるために、秋のピラティスワークアウトを取り入れてみませんか?

ピラティスとは?養生効果とは関係あるの?

ピラティスとは?

ピラティスは、ヨーガやストレッチと同じく、体を柔軟にし、筋力を鍛える運動法です。ジョセフ・ピラティスという人物が考案しました。彼は、自分自身が病弱な体質だったことから、自分の体を強くするための方法を研究しました。

ピラティスの基本的なエクササイズは、地面に座って行うことが多く、主に体幹を鍛えることが特徴です。また、呼吸法も重要で、呼吸に合わせながらゆっくりと行うことで、集中力も養われます。

養生効果とは関係あるの?

ピラティスには養生効果があります。まず、姿勢の改善に効果的です。デスクワークやスマートフォンの使用などで悪くなった姿勢を正しい状態に戻すことができます。また、筋力を鍛えることで、腰痛や肩こりの軽減にもつながります。

さらに、ピラティスはストレス解消にも効果があります。呼吸法や集中力を養うことで、心身のバランスを整えることができます。日常のストレスから解放されるだけでなく、疲労回復にも役立ちます。

ピラティスは東洋医学の経絡(エネルギーや血液の通り道)へのアプローチができるため養生効果があり、身体だけでなく心も健康にすることができます。秋の季節にピラティスを取り入れて、バランスの取れた生活を送りましょう。

東洋医学とピラティスの融合で得られる効果

東洋医学とピラティスの融合で得られる効果は、心と体の両面に及ぶ多くのメリットがあります。

まず、東洋医学とピラティスは、どちらもバランスを重視しています。東洋医学では、体のエネルギーのバランスを整えることで健康を維持すると考えられています。一方、ピラティスは、体の筋肉のバランスを整えることで正しい姿勢や運動のパフォーマンスを向上させます。

さらに、東洋医学とピラティスは、身体の内側から健康を促進します。東洋医学では、体の内部の調子を整えることが重視されており、ピラティスは、深部の筋肉を鍛えることで内側からのサポートを強化します。

また、ストレスの軽減効果もあります。東洋医学では、心と体のバランスを整えることでストレスを軽減すると考えられています。そして、ピラティスでは、集中力を高めながらリラックスすることができるため、ストレスを解消する効果があります。

東洋医学とピラティスの融合により、体の不調を改善する効果も期待できます。東洋医学の考えに基づいてピラティスを行うことで、血流やリンパの流れを促進し、筋肉や関節の柔軟性を向上させます。

これらの効果により、東洋医学とピラティスの融合は、健康とリラクゼーションの両方を実現することができます。体の不調やストレスをなくし、心身のバランスを整えることで、秋の養生に最適な方法となります。

秋におすすめのピラティスエクササイズ

秋におすすめのピラティスエクササイズは、まずはゆったりとした呼吸法から始めましょう。

地面に座って、ゆっくりと息を吸い込み、ゆっくりと息を吐き出すことで、リラックスした状態を作ります。

次に、秋の季節にぴったりのエクササイズとして腕や肩のトレーニングを取り入れてみましょう。

また、秋の季節は過ごしやすくなる反面、寒さによる体の硬さも気になることでしょう。そのため、ストレッチも取り入れてみると良いでしょう。

例えば、床に座って片足を前に伸ばし、もう一方の足を引き寄せます。

そして、伸ばした足のつま先を持ち上げ、ゆっくりと前方に傾けます。

このストレッチはハムストリングスやふくらはぎを伸ばすのに効果的です。

さらには、秋は食欲も増す季節でもあります。そのため、背筋や腹筋を鍛えるエクササイズもおすすめです。

このように、ピラティスのエクササイズは秋の養生にぴったりです。

しっかりと呼吸をすることでリラックスし、ピラティスエクササイズやストレッチを行って体を柔軟にし、背筋や腹筋を鍛えて姿勢を良くすることができます。

ぜひ、この秋はピラティスを取り入れて、心も体も健康に過ごしましょう。

東洋医学の視点から見たピラティスのポイント

ピラティスは、身体のバランスを整えるためのエクササイズ方法として、東洋医学との関わりが深いとされています。

東洋医学の視点から見たピラティスのポイントは、まずは呼吸に注目することです。

東洋医学では、「息を吸い、息を吐く」という呼吸を大切にします。この呼吸法は、身体のエネルギーの循環を良くし、体内の不要なものを排出する役割を果たします。

ピラティスでは、多くのエクササイズで呼吸に意識を向けるよう指導されます。一連の動作に合わせてゆっくりと深い呼吸をすることで、身体と心の緊張を緩和させ、代謝を高める効果が期待できます。

また、ピラティスでは様々な動きから、経絡への刺激が生まれアプローチできます。

それにより、氣・血・水の巡りがよくなり、不調改善にも繋がります。

東洋医学の考え方とピラティスのポイントを組み合わせることで、身体の健康や美容に対して総合的なアプローチが可能となります。ぜひ、秋の養生にピラティスを取り入れてみてください。

心身のバランスを整える秋のピラティスワークアウト

秋は身体や心のバランスが崩れやすい時期です。そんなときこそ、ピラティスを取り入れて心身のバランスを整えましょう。

ピラティスは東洋医学と密接に関わっており、東洋医学の考え方を取り入れたワークアウトが行われます。秋は五臓六腑のバランスが重要とされ、その調和を保つために東洋医学の知恵を活かしたピラティスが効果的です。

まずは、呼吸の整え方です。秋は気候がよくなることで、深い呼吸をする機会が増えます。ピラティスでは、呼吸と動きを連動させることで身体の中心を意識し、バランスを整えます。鼻からゆっくりと息を吸い、口からゆっくりと息を吐くことで、自律神経を整え、心と身体をリラックスさせることができます。

次に、姿勢の改善です。秋のピラティスワークアウトでは、背骨のしなりを意識することが重要です。背骨を伸ばし、正しい姿勢を保つことで、内臓の圧迫を軽減し、エネルギーの流れを良くします。

さらに、五臓六腑の調和を整えるために、身体の中心である「パワーハウス」を鍛えることも大切です。腹筋や背筋を中心に、身体の深層筋を強化することで、内臓の機能をサポートし、バランスの良い身体を作り上げます。

秋のピラティスワークアウトは、心身のバランスを整えるだけでなく、血液の循環を促進し、代謝をアップさせる効果も期待できます。寒くなってくる秋の季節に備えて、心と身体を整えるために、ぜひピラティスを取り入れてみましょう。


大阪市にあるピラティス教室Bellunaグループレッスンでは東洋医学の知恵とピラティスを組み合わせたエクササイズで皆様の健康をサポートしています。


※以下は参考情報となります。

<参考情報>

- ピラティスは東洋医学の知恵を取り入れたワークアウト

- 秋は五臓六腑のバランスが重要

- 呼吸と動きを連動させてバランスを整える

- 姿勢を改善し、背骨のしなりを意識する

- 「パワーハウス」を鍛えて五臓六腑の調和を整える

- 血液循環を促進し、代謝をアップさせる効果も期待

----------------------------------------------------------------------

Belluna

住所:大阪府大阪市東住吉区北田辺

電話番号:080-1402-0614

----------------------------------------------------------------------

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG