東洋医学で夏の体調を整える!

query_builder 2023/07/14 ピラティス ストレッチ 健康 トレーニング

東洋医学は、長い歴史と深い知識を持ちながら、自然界のエネルギーの流れと人間の体のバランスを重視する医学です。

夏は暑さや湿気によって体調を崩しやすくなる季節ですが、東洋医学の基本知識を活用すれば、快適な夏を過ごすことができます。

水分補給に加えて、食事や運動の工夫も大切です。

運動には体を整えるのに最適なピラティスをお勧めします🧘

そして、梅雨の終わりには体をリセットするためのケアが必要です。

体内の余分な湿気を排出し、体力を回復させることが大切です。

この記事では、これらのテーマについて詳しく解説していきます。

夏に向けた東洋医学の基本知識

夏は暑さが厳しくなり、私たちの体調に様々な影響を与えます。

東洋医学では、季節ごとに体を整えることが重要視されます。

夏に向けての体調整えについて、東洋医学の基本知識をご紹介します。

まず、夏は陽気が強くなり、体内の陰と陽のバランスが崩れやすくなります。

東洋医学では、体内の陰陽のバランスを整えることが健康維持に重要とされています。

陽気が強くなると活動的になり交感神経が優位になります。

そしてその状態が続くと夏バテや疲労感・体調不良を感じるようになります。体内の陰陽のバランスを整えるために、適度な休息とバランスの良い食事が必要です。

また、夏は気温が上がり、湿度も高くなるため、体内の水分バランスが乱れやすくなります。

東洋医学では、「水分の飲みすぎは体を冷やす」とされており、適度な水分摂取が大切です。冷たい飲み物や冷たい食べ物は避け、常温の飲み物や温かい食べ物を摂るようにしましょう。

さらに、夏は湿気も増しやすい季節です。湿気が体内にこもると、体調不良や体臭の原因になることもあります。湿気を除くためには、適度な運動や湿気を発散させるお風呂などの利用が効果的です。

夏の体調を整えるためには、体内の陰陽のバランスを整え、適度な水分摂取を心掛け、湿気を取り除くことが大切です。東洋医学を取り入れながら、健康的に夏を過ごしてみましょう。

梅雨の終わりには体をリセットする

梅雨の時期は湿気が多く、体調を崩しやすい季節ですが、梅雨が終わると気候も安定し、体の調子も良くなります。この時期には体をリセットすることで、夏に向けて健康な状態をキープしましょう。

まずは食事面からの改善が大切です。湿気が多い時期は体内の水分代謝が乱れがちですので、水分補給に気を使いましょう。こまめに水分を摂るだけでなく、体を冷やしすぎないように注意しましょう。

また、夏に向けて体を引き締めるためにも、穀物や野菜中心の食事を心掛けましょう。塩分や油分が多い食事は体をだるくさせてしまうため、できるだけ控えるようにしましょう。砂糖などの糖分も水分を取り込んでしまう為、甘い物も控えたいです。

体をリセットするためには、運動も欠かせません。梅雨の時期は外に出るのが億劫になりがちですが、少なくとも週に2〜3回は適度な運動をするようにしましょう。ピラティスやストレッチ、ウォーキングなど、いろいろな運動を試してみてください。

そして、睡眠も忘れずに。梅雨の時期は湿度が高く、寝苦しい日が続くこともありますが、体をリセットするためには十分な睡眠が必要です。寝る前にはリラックスするための工夫をし、心地よい睡眠環境を整えましょう。

梅雨の終わりには体をリセットすることで、夏の体調を整えることができます。食事や運動、睡眠に気を配り、健康な体を作り上げましょう。

----------------------------------------------------------------------

Belluna

住所:大阪府大阪市東住吉区北田辺

電話番号:080-1402-0614

----------------------------------------------------------------------

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG